感性を失った俺の記録

感じることが出来なくなってしまった俺が、少しでも回復するため日々の出来事から考えたことを書きます

就活にやる気が出ない

お久しぶりです。

ずいぶん時間が経ってしまいました。

ただ今私は就活真っ最中ですが、全く芳しくありません。

就活では大学生活何をしてきたかを聞かれます。

私は元気になることに必死だったため他の人よりも言えることがありません。

しかも、何がしたいのか、全くわからずあまり進みません。

みんな大企業、年収、福利厚生といった条件で選んでいるのですが、私はそういったもので仕事を決めることができないのです。

どうしてもやりたくないと思ってしまう。

出来るだけ長く働けそうなところに入るのが良いのでしょうか。

厳しい環境を選び、成長していくべきでしょうか。

分かりません。

楽しい毎日

お久しぶりです。長い期間空けてしまいました・・・

近況の状態を報告すると、もうすっかり元気になり前感じていた体調の悪さは無くなりました。

心配して下さった方々、本当にありがとうございました。

これからは、タイトルを変えて、普段の日常を楽しくことをテーマに更新していこうかと思っています。

ゆるく生きたい

スピーピーのようにゆるく、だらだらと生きたい。

人生の意味について考えれば考えるほど、幸せや楽しさが感じなくなる。

舐めるように適当に生きて、行きたい。

ラインについて

最近ラインがものすごく不自由なものだと感じてきました。

こっちが意図したことではない意味合いを相手が感じてしまい、不必要な対立が生まれることがあります。

人との関係において、ラインで会話をしようとすると上手く感情が伝わらないのです。

普通に会話をすれば、そんなことはなく、相手とより親密に距離を縮めることができます。

ラインが、コミュニケーションツールとして蔓延していますが、やっぱり直接会って話すのが一番相手を理解することや、仲良くなる面においては良いと思いました。

 

ラインでの告白では、感情が相手に伝わらないためいまいち、相手の気持ちが盛り上がらず失敗に終わってしまう・ということもあります。

 

ラインは最低限、業務連絡程度にし、直接会うことを大切にした方がいいと感じます。

 

現状

お久しぶりです。

今のところ順調に回復して来ております。

少しばかり、情緒が不安定であり、テンションの上がりが気になりますが、躁鬱と言うほどではありません。

 

前好きだった、ゲーム、映画、本等が理解できるようになり。感動できるようにもなって来ました。本当に嬉しいことです。

 

ここまでくるのには、病院の力が不可欠でした。もし悩んでいる方いたら、私が信頼できる病院をお教えいたしますので、コメントで聞いてくだされば返答いたします。

病院の先生によって、病気の治る治らないも少なからずあると思っています。

薬以外にやったこと

お久しぶりです。

 

今回は薬以外に心がけたことで良かったと思うことを書いていこうと思います。

 

まずひとつ目が、自分のありのままを受け入れるということです。

 

できないことはできないのだし、無理して頑張るよりは、70点の自分で楽にやっていくということがとても役に立ちました。

 

この考え方のおかげで、今では頑張りすぎないでなおかつ前よりも効率よく物事を進められています。

 

真面目を一回すててみて、自分が本当にしたいことを、したいようにやるのが大切でした。

 

2つ目が、自分を好きになることです。

 

よく私は自己嫌悪に陥っていましたが、自分で自分を嫌いになるというのは、精神を自ら攻撃しているのと同じでした。

 

自分を好きになってみて、分かったのは、他人にも優しくできることです。

自分の行動に自信を持てるようになりました。

 

鬱の回復には、薬だけではなく、ナルシシズムも必要です。

 

具体的にやったのは、朝起きてすぐに、自分が大好きや、自分はいけてるなどプラスの言葉を思い呟くことです。

 

この二つのおかげで、とても生きるのが楽になりました。

 

よくなってきた

お久しぶりです。

見てる方は少ないかもしれませんが戻ってきました。

良い精神科に行き薬を飲み始めたところとても症状が良くなってきました。

今は少しずつですが、楽しく生活が送れるようになってきました。

これからは、学校で起きたことや目標など適当にブログを更新していけたらなと思います。

心配してくださった方、本当にありがとうございました。